タイトルなし

若くてガツガツ。不安な担当者。

会社の同僚の多くが、荻窪に住んでいました。交通の便が良く、家賃もお手頃、駅前も充実していて治安も安定していて、とてもいい町とのこと。

私もとても興味を持ち始め、不動産屋さんに行ってみようと思い立ちました。
そのとき住んでいた部屋に別に不満があったわけではないですが、他の町にも住んでみたいという思いがありました。

ネットでざっくり物件を探し、気になるものを問い合わせ、荻窪駅からすぐの不動産屋さんに予約を取りました。

当日お店に入ると、相談しているお客さんは1人だけで、すぐに案内してもらえました。
私を担当してくださった方は、恐らく20代で、肌が黒く髪も長い。ぱっと見、営業マンっぽくない見た目の方でした。黒いワイシャツのボタンも胸元まで空いていて、ネックレス、ネクタイチェーンなども付いていて、第一印象は信用できなさそうな感じでした。
こんなにチャラチャラした人が営業か、怖いな、くらいに思ってしまいました。

それでも、とにかく要望を伝えていくと、
私が希望している条件とは少しずつずれている物件の資料を次々と見せてきました。
なんで要望に応えてもらえないのかとイライラしていました。

少し強めに、この条件は譲れないので、それ以外のもので提示してほしいと伝えると、
「そこまで理想を求めると、いつまでも決まらなくなりますよ」となだめるようなことを言ってきました。

そこからはもう話を聞くのも嫌になり、部屋を借りること自体に後ろ向きな気持ちになっていきました。
それでもせっかく来たので、提示された部屋の中でも、まだ興味が持てた2件に見学に行くことにしました。

見るだけならタダだし、という気持ちでした。こどもの背の高さが気になる。

車で移動している間も特に会話はなく、町の説明とかしてくれないのかな、とさらに不信感は募っていきました。

部屋に着き、私がいろいろと見回して確認をしている時にも、営業の電話なのか、外で携帯電話で話し続けていました。
態度も気に入らなかったので、2件の見学が終わったら今回は結構ですと一言だけ伝え、店を去ろうとしました。
すると「早めに契約しないと先ほどの部屋は埋まってしまう可能性があるので、、」とさらに追い討ちで営業をかけてきたので、
大丈夫です。と強く言い放ち、店を後にしました。

ここまで非良心的な不動産屋さんは初めてで、今までの引越しで担当してくださった方がどれだけ優秀だったのかと、勉強になりました。

不動産屋さん選びは、とても重要です。